映画第4戦争

映画第4戦争   1949年8月29日、ソビエト連邦は原子ツールを効果的に評価しました。 この仕事は実際には非常に初期のスーパーと呼ばれ、ウェブの結果は実際には統一条件とほぼ50パーセント世紀続いたソビエト連邦の間の肌寒い戦いの対決でした。ソビエト連邦が米国と一緒に核の平等を達成したのと同時に、各国は現在、特定の、そして等しく保証された損害の突破口に互いに対峙するだけでなく、引き伸ばされて立ち上がった。爆発の直後、アルバート・アインシュタイン実際に、第3回グローブバトルが実際にどのように戦われるかを彼がどのように考えているかを正確に尋ねられました。彼は、「第3グローブバトルが実際にどのように戦われるかについては、実際にはまったく概念がありませんが、第4グローブバトルは確かに岩や棒と一緒に戦われるでしょう」と警告しました。また、20世紀の絶対的に最もよく知られている考えの1つである彼は、世界的な核戦争の致命的な可能性だけでなく、明白に本物に向かうそのような影響を実際に理解することができませんでした。肌寒い戦いは、実際には気が狂っています。確かにソビエト連邦は確かに消滅します。今日、米国とロシアは、暫定的に、互いに続いています。両国間の核リスクを賭けるストレスは、実際にはほぼ液化した。ただし、ツールの備蓄は実際にはまだ参加しており、不正な独裁者や精神的なテロリストでさえ、すべてのツールとアクセシビリティを解放するのを待っています。 これについて考えます。第3回グローブバトルが核の炎ではなかったとしたら?むしろ、それが人類とママの属性の間の戦いとして解き明かされたとしたら?一般的に、ママの属性は実際にはむしろ人類のサポートスチュワードでした。人間は実際に、彼らが実際に彼らの地上の出来事を実行したか、あるいは退院させた方法に対して実際に完全に責任を負わされていないことは確かです。それでも、タスク評価のために私たちのチームと呼ばれるママ属性が評価すると、人類はかなり重要になり、機能しなくなります。また、核ツールの利益がなければ、人々は実際に惑星を破壊する問題を抱えていません 75を超える重要なペットの種類が、実際には最終世紀に消滅しました。絶滅の危機に瀕している種のリストには、実際には100以上の余分なものが実際に置かれています。絶滅の3つの主な要因は、実際には森林伐採、あるいは全有機生息地の損傷でさえあり、世界的な温暖化と世界的な環境の変化による断定的な環境毒性の副産物です。最後に、最もひどいだけでなく、逆説的に、捕食や探索よりもペットの絶滅の接線を修正するのが絶対的に最も簡単なものの1つです。スポーツ活動のためのペットの密猟や大量殺戮、さらには収入は、すべてのペットのライフスタイルの安全性と永続性に大きな影響を与えます。 すべてのペットは重要な機能を果たします。人々はこれを無視する傾向があります。 たぶん、ペットは実際には人間であるのと比較して、実際に実際に何をしているのか、そして正確に何をしているのかという点で、はるかに効果的であると示唆されています。ペットは、開発と属性が実際にすべてのペットを実行するように作成したのとまったく同じように正確に実行します。統一された条件では、西側のグレイウルフは実際にはそのような効果の良い例です。西側のグレイウルフは、実際にはすべて自然の捕食者です。この特定のゴージャスな動物の単一の機能は、実際には、あらゆる種類のワピチの個体群や鹿の弱い側面を取り除くことです。これはその理由で品種を強化し、品種の耐久性を保証します。それは実際には価値のあるつながりであり、何世紀にもわたって引き締まったつながりでもあります。これは、実際には、属性の平衡が実際に継続して生成される方法とまったく同じです。人々が生態学的に注目に値するドメイン名を貪欲に押し付け、すべて有機的な生息地を取り入れることに傾倒し、それらすべてをさまざまな動物のための放牧住宅や商業住宅、さらにはショッピングセンターに変えるために敷地を検索するとき属性の微妙な均衡は実際には振り払われます。 人類は実際には、北アメリカのオオカミの集団をほぼ全滅させたときよりも大きくなっています。 彼らは実際に絶滅の要因に向かって、そして単に彼らの機能を提供するために捜索されてきました。心配している個人のロビー活動のために、西側のグレイウルフは脅迫型の証券を手に入れました。それにもかかわらず、オオカミの集団が実際に反動しているので、これらの証券は実際に取り消されています。 2009年、WildLife Protection Moneyは、アイダホ、モンタナ、ワイオミングでのセキュリティ購入の引き上げを明らかにしました。確かに、実際には、実際に若々しい世話をしている母親からなる150匹のオオカミを捜索したり、トリミングしたりすることに合意したことは確かです。魚とビデオ活動委員会は、10,000人以上の候補者に検索ライセンスを提供しました。したがって、10 1000ライセンス、101000シーカーは150オオカミを排除する可能性があります。ここの数学は簡単です。 無関心は実際には嫌悪感に比べてはるかに悪いです。 肌寒い戦いの間の米国とソビエトの間の嫌悪感の流れのように、まさに時間内に嫌悪感を好転させることができるという感覚で。無関心が実際に好転することはめったにありません。実際、多くの方法でペットの窮状に対する無関心が実際に勝てる核の戦いの可能性と比較してはるかにひどい思い込みである理由は何ですか?無関心は、ママの属性が確かに台無しになり、直面するであろう累積的な傲慢さを示しています。 最終的に、人間はそれぞれの西側のグレイママ属性とオオカミと簡単に共存することができます。確かに、大量殺戮に向けた選択肢は確かにあります。人道的なLivetrapsとペットの移動は、実際には便利なサービスであり、実行可能です。世界惑星の保護者と思われる私たちのチームが私たちの義務を認めることもプログラムを変更することもできない場合、アインシュタインの岩と棒の概念を信頼する必要があります。ただし、実際には3番目のグローブバトルが核兵器と一緒に戦われ、4番目のグローブバトルが枝と岩と一緒に戦われますが、各バトルは実際には野蛮なフィールドと野蛮な敵に対して行われます。爆弾であろうと石であろうと、私は確かに人類の卓越性を賭けません。特に、どちらの大会でも、私たちが対処する最高の敵は確かに私たち自身です。

Read More